NEWS

ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードがジャパンカップ-G1を制す。

                                                                                                                                                         Photo : J.Fukuda

ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが、11月24日(日)に東京競馬場で行われた第39回ジャパンカップ-G1に勝利しました。ハーツクライ産駒としては、2017年のシュヴァルグランの勝利に続いて2度目の同レース制覇になりました。

今回の勝利で、今年の産駒重賞勝利数が8勝目(海外G1勝利を含む)を記録したハーツクライ。これまでの自身の記録を上回る勢いで、産駒が活躍しています。なかでも今年は、2歳世代の活躍がとくに目立ち、3頭の重賞ウィナーを送り出しています。2014年にワンアンドオンリーが日本ダービー-G1、ヌーヴォレコルトがオークス-G1を制したときのように、2020年の3歳クラシック戦線はもちろん、国内外の大舞台においてもハーツクライ産駒から目が離せないでしょう。

ハーツクライ