NEWS

オルフェーヴル産駒のエポカドーロが皐月賞-G1を制覇。

社台スタリオンステーションが繋養するオルフェーヴルの産駒、

エポカドーロが皐月賞-G1を制し、ラッキーライラックに続く2頭目のG1勝馬となりました。

馬主様をはじめ、厩舎・牧場関係者の皆様などには心よりお祝い申しあげます。

父オルフェーヴルも同様に、3歳の春を迎えてから素質の片鱗を見せはじめたかと思うと、

あっという間に世代の頂点へと昇りつめ、

年末にはトップクラスの古馬たちを相手に有馬記念-G1を制する実力馬となりました。

翌年には凱旋門賞-G1の舞台で圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、

世界中の競馬関係者から注目を浴びる存在にまで成長しています。

父が見せつけた絶対的な競走能力の高さと豊かな成長力を考れば、

産駒のさらなる活躍に期待が高まるばかりです。

オルフェーヴル

photo:J.Fukuda

photo:J.Fukuda